Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

Feel Happy Life with Fun'S

ファイナンシャル ファンズの毎日幸せスタッフが日々感じたこと、生活や仕事に役立つ情報をアップデートにお届けします。

・・・と???が力を合わせてみんなの幸せを〜招きFUNSだよ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
新たに10点入荷しました。
  石川 健治 「花」

 森田 秀和 「妻籠宿」

 吉井 靖治 「坂出の瀬戸大橋」 

 春田 心斉 「エッフェル塔の見える風景」 ペン画


 リトグラフ
 


上記作品のほかにも只今、続々入荷中です!


今回の作品などはとてもお求めやすい作品ばかりです。
金額等はお問い合わせください。


| ニュース | 13:25 | - | - |
マレーシア 不動産最新情報

マレーシア、チョー・チーヒュン住宅・地方自治体相は、マレーシアの不動産を購入したい外国人に対して「オンラインの情報だけで物件購入を決めるのではなく、実際に自分で現地に足を運び、自分の目で確かめてから決定するように。」との忠告をした。


なんとも当たり前の話だけれども、ここ数年外国人がマレーシア不動産に注目し、日本人でも勢いに乗って初めての訪問で我先にと契約してしまった。なんて話を私も何度か耳にした。


例えば、ジョホール・バルのイスカンダル・マレーシア経済特区での住宅プロジェクトは特に注目を浴びていて今後の発展の期待は大きなものだが、あくまでもプロジェクトは始まったばかりで実際にそれが整備され本当の意味での価値が確立するのはまだまだ先の話だろう。


例えば、ハワイのオアフ島の不動産では、最初に開発されたワイキキ地区の不動産などは確かに古い物件でも価格もそれなりだが、人気エリアも西へと少ずつ移動し、現在では最新の設備を備えた物件の多いアラモアナ地区が人気であり日本の芸能人なども多く所有している。



不動産の購入を考えた場合には、まずは、居住用なのか、それも今すぐなのか、それとも数年先なのか。投資用かのか、これは賃貸収入を期待するのか、売却目的なのかなどの目的を明確にして、その目的に合ったエリアや物件の選択なりが必要となります。
これからも成長が期待できるマレーシアですから、ご購入希望の方は、ぜひとも後悔のない選択をしていただけることを願います。


また、昨年からもたびたび話題に上がっていた外国人が不動産を購入する際の最低価格は、将来的には見直していくとことは間違いないが、当面50万リンギットに据え置くとのコメントもチョー大臣はしています。(※ペナンではすでにコンドミニアムは100万リンギット以上になっています。)


五感をフル活用した情報収集をどうぞ心がけていただければと思います。



来月、クアラルンプール出張でまた最新の情報を集めてこようと思います。
どうぞ、ご期待ください。           

                                     (南国水先案内人)



| ニュース | 16:50 | - | - |
ロングステイ財団TVメディア情報 3/16「世界ふしぎ発見!」TBS
 

316(土)9時放映のTBS「世界ふしぎ発見!」にロングステイ財団が出演!

主席研究員山田美鈴が出演します。

マレーシア、タイ、フィリピンのロングステイ情報をご案内。

ぜひご覧ください!


 

また131日より212日までの期間スイス各地で撮影された

「春よ来い!知られざるアルプスの熱い冬」が、間もなく放送されます。

この取材のコーディネィターは、グリンデルワルトの海外サロンの安東一郎さんです。

 

放送日:39日(土)午後9時〜



WBCの中継次第で、放送時間が変更になる可能性があります)

http://www.tbs.co.jp/f-hakken/

 

現在、上記の「世界ふしぎ発見!」の番組ページでレポーターの

諸岡なほ子さんのこぼれ話とハイライトシーンが映像で見られます。

 

| ニュース | 16:43 | - | - |
マレーシア マイ セカンドホーム プログラム申請は当社で
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■この度、当社もMM2H申請代行業務をスタートしました!
  申請代行費用170,000円。(単身でもご夫婦でも同料金です)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この度、グローバルプロパティ社ではマレーシア政府観光省より正式にMM2H
(マレーシア マイ セカンドホーム プログラム)の申請代行エージェントとして
認定されましたのでここにご案内させていただきます。

このMM2Hの日本人の取得者は年々増加傾向にあり、現時点の累計では
2,000名以上の方がこのビザを取得されております。また2012年現時点ま
でに関しては日本人の取得者数が他の国のなかで最も多く約450名となっ
ております。しかし一方で、このMM2Hは今後いつ何時制度が変わるかも
しれないところがあり、また今後取得者が増えるにつれ条件面のハードル
が高くなる可能性もあります。実際に2008年以前は申請者の金融資産条件
などは特に求められておりませんでしたが、2008年以降、申請者は現在の
ような金融資産条件が必要となりました。
つまりMM2Hは『取得できるうちに取得しておく』ことが大切であると考え
ております。

-------------------------------------------------------------------
当社申請代行手数料:170,000円(単身およびご夫婦で申請の場合も同料金)
-------------------------------------------------------------------

〔例えば、このような方・・・〕

○近い将来またはすぐにでもマレーシアでロングステイを計画されてる方

○まだ10年以上先であるがいつかはマレーシアで住むことをも考えておら
れる方

○今後の日本のグローバル化に備え、お子様を小さいうちからマレーシア
で育てようと考えておられる方

○マレーシアで住むかはどうかは全く決めていないがとりあえず取れるう
ちに取っておこうとお考えの方


このMM2Hは取得しても実際にマレーシアへの滞在義務は全くありません。
当初10年間有効で、10年後には更新をするだけでさらに10年間有効となり
ます。つまり一生有効なビザなのですが、今取得しておいても何ら制約さ
れるものではありませんので安心です。
またマレーシアで不動産の購入を検討されてる方にとってもMM2Hを持って
いれば銀行での住宅ローン審査も融資額や返済年数などが優遇される場合
が多くあります。


■申請条件や当社の代行費用・その他詳細等は下記のページをご覧ください。

http://www.kaigaifudosan.net/mm2h/2012-10-05-04-48-39.html

その他 お問い合わせ info@financial-funs.com
                              TEL 048-652-6452





セ┃ミ┃ナ┃―┃情┃報┃ ―COMING UPー
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
 


―【東京・銀座】―

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
GP MM2H申請代行業務開始記念!
クアラルンプール&ペナン不動産投資とMM2Hセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
[日時] 2012年11月18日(日) 14:00 〜 16:00 (受付13:30より)

[会場] 東銀座貸し会議室
       所在地:東京都中央区銀座4-11-2 丸正ビル4F   アクセス
 
   ・都営浅草線「東銀座」駅 A7出口 徒歩1分
    ・メトロ日比谷線「東銀座」駅 A3出口 徒歩3分
    ・メトロ「銀座」駅 A6出口 徒歩7分

 
[セミナー内容]

   ・マレーシア不動産市況について
  ・マレーシア不動産投資とその活用法
  ・銀行の住宅ローンについて   
  ・クアラルンプール郊外型開発地域の新物件のご紹介
  ・ペナンのE&Oプロパテイのプロジェクト紹介
  ・MM2H(マレーシア マイ セカンドホーム プログラム)申請のための説明

 ※上記内容は前後する場合がありますの予めご了承ください。

    
[定 員] 50名様程度  ※先着順となります。 
 
[主催] グローバルプロパティ株式会社 
 
[後援] 株式会社南海国際旅行 E&Oプロパテイ
 
[参加費用] 1名様1,000円  ※2名様でご参加の場合はお二人目以降500円。
          (例. ご夫婦の場合、計1,500円)
 

●お申込み
 
下記のページよりお申込みください。
当社より折り返し確認メールを送信させていただきます。
 
○セミナーお申込み専用フォーム
 http://gp087.sakura.ne.jp/seminar_fudosan/seminar_fudosan.html


| ニュース | 11:29 | - | - |
ロングステイ
 財団法人ロングステイ財団より、ロングステイ調査統計2012が届きました。この調査統計は2005年から毎年発行されています。


ところで、このロングステイという言葉、みなさんはご存知でしたでしょうか?


ロングステイとはどういうものなのか少しご説明いたします。


まず、1992年に通商産業省の認可を受けたロングステイ財団によってLONGSTAY・ロングステイといった造語が作られ登録商標がなされています。

このロングステイとは、海外において「生活の主たる源泉を日本に置きながら海外の一箇所に比較的長く滞在し、その国の文化や生活に触れ、現地社会での貢献を通じて国際親善に寄与する海外滞在型余暇」の総称です。

あくまでも現在も将来も日本が生活の中心であり、ゆとりある余暇活動によって海外の現地社会との交流するのがロングステイであってその最低滞在期間は2週間以上としています。

国内においては、「主たる生活の拠点のほかに、日本国内のほかの地域にて比較的長くあるいは繰り返し滞在し、その滞在地域のルールを遵守しつつ地域文化とのふれあいや住民との交流を深めながら滞在するライフスタイル」のことを指します。国内の場合、滞在期間は1週間以上が目安です。


1964年、日本からの海外渡航者は僅か127,749人でした。それが2011年では16,994,200人となり48年間で約133倍も増えているのです。


この間、インターネットは世界中を巡り、瞬時に海外の情報を入手できる社会となりました。2011年の東日本大震災などでは国内のみならず、海外からも多くの募金や援助を受けるなど、私たちにおいて海外は遠い世界ではなくなっているのです。にもかかわらず、領土問題をはじめ近隣諸外国との関係においても理解を深めることが出来ないことで現在も様々な問題を抱えているのです。

一つの地球に暮らす民族がお互いの存在、その価値観を認め合い、相互理解を深めることによって平和で豊かな社会や文化的な暮らしが実現できるのだと思います。

これらの考えは自分だけ得をすればいい、などといった品のない海外投資や日本を卑下するような考えに通じるものとは一線を画するものです。

豊かな先進国である日本人として、地球人としての国際感覚を身に着け、一人一人が豊かな人生を創造することが21世紀に生きる私たちにとって重要なことのように思えてなりません。



ちなみに今年もロングステイ希望国の第1位はマレーシア、なんと6年連続です。
2位には2009,2010年のハワイを押さえタイが、3位にハワイ
4位、5位は変わらずオーストラリア、カナダの順です。
7位以下はインドネシア、フィリピン、台湾、シンガポールと東南アジアの人気が高くなってきています。



| ニュース | 13:35 | - | - |
マレーシア経済ニュース<景況感>
 
マレーシアの景況感、「変化なし」が半数 「好転」予想は3分の1=ドイツ商工会

【クアラルンプール】 マレーシア・ドイツ商工会議所(MGCC)は、先ごろマレーシアにおける企業の景況感調査を実施。昨年同期と比べてあまり状況に変化がないと感じている企業が多いとの結果となった。
同調査は、今年1月にマレーシア及びドイツの会員企業400社を対象に実施。今年のマレーシア経済の動向や設備投資、ビジネス及び個人消費につい て約50%が前年と「変わらない」と回答した。またマレーシア経済が2012年までに「好転する」との回答は36.36%にとどまった。
また現在のマレーシア経済状況全般については、「満足している」との回答が52.17%、「良い」は39.13%に達した。「悪化した」は8.7%にとどまり、多くの企業が楽観視していることが明らかになった。
今年第1四半期の生産と売り上げ状況については、59%が「満足」と答えており、年末に向けた業況改善への期待を示した。生産状況については、 「好転した」との回答は30.43%にとどまり、前年同期と変わらなかった。売り上げについては26.09%が「減少した」と答えた。今後の見通しについ て58.33%が「改善する」と期待を示しており、43%が年内は「現状のまま」と回答した。
今年の投資状況については、前年に比べ「増やす」との回答が半分近くに上り、25%が「減らす」と答えた。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、3月27日) マレーシアナビより
| ニュース | 15:13 | - | - |
将来の経済力は必要ですよね!

当社も大注目のマレーシア!!

そんなマレーシアの身近なニュースを集めてみました。

マレーシアニューストピックス


2050年の経済力ランク、マレーシアは21位=HSBC


【クアラルンプール】 大手金融グループのHSBCが発表した最新の近未来経済力ランキング調査「2050 年の世界」で、マレーシアは前回調査から17ランクアップし21位となった。成長著しい中国が1位で米国が2位、インドが3位。凋落が噂される日本は2ラ ンクダウンながらも4位を維持、猛追する韓国も2ランクダウンで13位だった。
 
一人当たり所得や法の支配、民主主義の度合、教育レベル、人口増減などを考慮して2050年度時点でのランク付けを行った。前回の2010年調査 に比べて特に人口の多い民主的な中進国の躍進が予想されており、上位30カ国のうち19カ国を新興経済国が占めた。アジアではフィリピンが27ランクアッ プして16位となった。インドネシアも4ランクアップの17位。タイも6ランクアップの23位以内に入った。このほか目立ったところでは、ペルーが20ラ ンクアップの26位、エジプトが15ランクアップの20位、トルコが6ランクアップの12位、ナイジェリアが9ランクアップの37――など評価が高かっ た。
 
5位以下は、ドイツ、英国、ブラジル、メキシコ、フランス、カナダの順。一方、北欧勢の評価が下がっており、デンマークは56位、ノルウェーは48位、スウェーデンは38位、フィンランドは57位に大きく後退した。

(CNN、1月13日、HSBC発表資料


トングステイ・投資用マレーシア不動産に関するご相談はファイナンシャル ファンズまで

info@financial-funs.com



| ニュース | 17:54 | - | - |
誰が見ても魅力的?

当社も大注目のマレーシア!!

そんなマレーシアの身近なニュースを集めてみました。

マレーシアニューストピックス



魅力的直接投資先、マレーシアは10位に=米ATカーニー


【クアラルンプール】 経営コンサルタントの米A.T.カーニーがまとめた外国直接投資(FDI)の魅力的投資先ランキングで、マレーシアは昨年の21位から10位に躍進した。
 
マレーシアへの昨年のFDIは前年比537%増の90億米ドル。A.T.カーニーは「今年の投資額はこれを上回る見通しで、増加は続く」とした。
 
A.T.
カーニーは世界大手企業の幹部を調査し、FDI信頼指数としてまとめた。1位は引き続き中国で、インドが2位、ブラジルが3位。
東南ア ジア諸国では、シンガポールが24位から7位に、インドネシアが20位から9位に躍進。ベトナムは14位、タイは16位だった。
 
投資額について、経済危機以前の水準に戻ったとの回答は55%。危機以前の水準に戻るのは少なくとも2014年になってから、との回答は20%強だった。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、12月8日)



ロングステイ・投資向きマレーシア不動産のことなら当社まで

info@financial-funs.com


| ニュース | 17:50 | - | - |
100階建てビルだなんて・・・!!!

当社も大注目のマレーシア!!

そんなマレーシアの身近なニュースを集めてみました。

マレーシアニューストピックス

100階建て高層ビル、2012年半ばにも着工予定


【クアラルンプール】 国営投資会社ペルモダラン・ナショナル(PNB)は、100階建て高層ビル「ワリサン・ムルデカ(独立の遺産)」建設計画について2012年半ばにも基礎工事を開始する予定だ。
 
PNB
のハマド・カマ・ピア・チェ・オスマン最高経営責任者(CEO)は、すでに設計や建設計画の詳細をクアラルンプール(KL)市役所に申請したことを明らかにした。計画が承認されしだい発表する。
 
同計画は2011年度予算案発でナジブ・ラザク首相によって明らかにされたもので、2015年に完成する予定。開発コストは周辺開発も含めて50億リンギと見積もられており、PNBが自己資金で賄うとしている。
 
高層ビル単体での総工費は25―30億リンギの見込みで、延べ床面積は220万平方フィート。10年をかけ3期にわけて周辺を開発する。同開発のために設立されたPNBムルデカ・ベンチャーズが開発を手掛ける。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、1220)



ロングステイ・投資用マレーシア不動産に関するお問合せは当社まで

info@financial-funs.com

| ニュース | 17:46 | - | - |
幸せを感じる国

当社も大注目のマレーシア!!

そんなマレーシアの身近なニュースを集めてみました。

マレーシアニューストピックス

幸福度ランキング、マレーシアは58カ国中で11

【クアラルンプール】 カナダの世論調査会社、レジェ・マーケティングは1230日、世界58カ国を対象とした国民の幸福度指数「ハピネス・バロメーター」を発表。マレーシアは11位タイにランクされた。
 
世界5万2,913人を対象に「幸せと感じる人」が「不幸と感じる人」をどの程度上回るかを調べたもので、マレーシアは「幸せと感じる人」(65%)から「不幸と感じる人」(3%)を差し引いた「純粋幸福指数」は62%となった。
 
トップはフィジーで、2位以下はナイジェリア、オランダ、スイス、ガーナの順、大震災に見舞われた日本は23位でカナダと同率だった。中国は42 位。最下位はルーマニアだった。低所得の国が高所得国家よりも上位にランクされることも少なくなく、レジェ・マーケティングは「幸福度は社会における地位 によって決定される」と分析している。

(南洋商報、中国報、1月3日)




マレーシア不動産に関するお問合せは当社まで

| ニュース | 17:42 | - | - |